どの参考書が自分に合っているのか

内容を確認してから購入する

参考書にも、種類があります。
それぞれによって説明がわかりやすかったり、逆にわかりにくいと感じたりするかもしれません。
法律系の参考書を購入する際は、内容を確認することを忘れないでください。
体験者は、独学で勉強する時の参考書選びが非常に重要だと言います。
自分に合わない参考書を買っても、勉強が進まないので意味がありません。

費用の無駄になるので、慎重に選びましょう。
自分に合う参考書を見つけることができれば、初めて知ることでも、簡単に理解できます。
スムーズに勉強が進むので、試験に間に合うはずです。
資格の試験の日は決まっているので、その日までに知識をすべて覚えなければいけません。
ダラダラと勉強していると、間に合わなくなります。

レベルを少しずつ上げよう

よく参考書を探すと、初心者向けと上級向けがあることがわかります。
初めて法律系の勉強をする際は、初心者向けを選択してください。
上級者向けは応用なので基本を理解していないとわかりません。
初心者向けの参考書には、最低でも覚えておかなければいけないことが説明されています。
最初は基本を覚えて、それから応用した知識を養ってください。

体験者の中には、これまでまったく法律系のことを勉強してこなかった人がいます。
独学でまずは基本から覚えて、それから上級者向けの複雑な内容を理解することで、無事に資格を入手しています。
まったく基本をわかっていない状態で応用からスタートすると、自分には理解できないと諦めてしまいます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ