進んでわからないことを調べよう

調べることを後回しにしない

わからないところを、後でまとめて調べようと思わないでください。
後回しにすると、どこに疑問を感じていたのかわからなくなってしまいます。
調べることも、忘れるかもしれません。
わかったつもりになる可能性が高いので、すぐに調べることを心がけてください。
疑問を感じた時点で、詳しく調べれば正しい知識を吸収できます。

経験者から話を聞くと、疑問をすぐに調べることが最も大事だと言います。
参考書以外に、今はネットも活用できます。
経験者の多くも、ネットで情報収集をしていたようです。
簡単に情報を入手できるので、法律系の勉強をする時の手助けになります。
わからないことが多いと、調べることがたくさんあります。
しかし面倒に感じないでください。

正しい情報が記載されているサイト

ネットを使って、わからないところを調べるのはいい方法です。
ですがネットにはたくさんのサイトがあるので、信頼性の高いサイトを見つけなければいけません。
中には、間違った情報を記載しているサイトも見られます。
そこで情報収集をすると、間違った情報を覚えるので気をつけてください。
正しい知識を覚えないと、法律系の資格を無事に入手することはできません。

経験者が実際に、情報収集をする時に利用していたサイトを聞くといいですね。
なるべく新しい情報が記載されているサイトを見つけることも、正しい知識を覚えるために大切なポイントです。
古い情報を覚えても、試験で役立てることができません。
サイトの信頼性を、よく確かめましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ